· 

股関節の痛み

股関節の痛みは
使わなければ痛くないという
罠があります。

股関節の症状で厄介なことは
動かさなければ
症状が出ない
痛みを回避できることです。

開脚したりすると

「ここまでは大丈夫
 でも
 これ以上広げると痛みが出ます。」

という具合に
症状は本人が一番わかります。

症状は最初
引っかかりだったり
違和感だったりします。
怪我をしたり
使いすぎたような覚えも
ない場合があります。

それを避けるために
動きを小さくしてると
いつの間にか
その小さな可動範囲で
筋肉が固まって

日常生活にある
立ち上がる
歩く
階段を上ることも
そのものを避けたり
痛みを回避するよう
器用に動いたりすることが
定着して毎日を過ごして
しまいます。

スポーツをする方なら
プレーに影響するのでわかります。
故障として処置するでしょう。

でも日常生活だけならば

畳に敷いた布団から
立ち上がるのではなく
ベッドから足を下ろすだけだったり

歩くところを
自転車や車だったり

階段が
エレベーターやエスカレーターだったり

股関節を使わなくても生活していけます。

人工関節にするような
大きな手術を経験する人も
最初はこんな感じで

サインを

見過ごしてきたのかもしれません。

「この違和感は気のせいだろう
 少しすれば治るだろう」

10代20代なら
そういうこともあります。
しかし
早いうちから
気にかけて
自分を見つめ直したほうがいいのです。